ギャル曽根が太らない秘密

ギャル曽根が食べても太らない理由とは?

ギャル曽根さんといえば大食いで有名ですよね?

 

 

私たちでは考えられませんが、ギャル曽根さんは

 

10人前以上のスイーツやB級グルメをいとも簡単に

 

完食しています。

 

しかも羨ましいことに、あれだけのカロリーを

 

摂取しても彼女は太らないんですね。

 

 

一体どうして?

 

 

まさか実際は食べたものをCM中に吐き出しているんじゃ?

 

ロケ終了後、ジムでめっちゃ運動しているとか?

 

 

なんて疑いたくもなるのですが、実はそうではなく

 

ギャル曽根さんが太らない秘密は体の中にあるんですね。

 

専門家が言うには「褐色脂肪細胞の多さ。」

 

これが

 

ギャル曽根さんが食べても太らない秘密の一つです。

 

 

さて、脂肪細胞には白色細胞と褐色細胞の

 

2つがあるのをご存知ですか?

 

 

簡単に説明すると

 

 

白色は脂肪を蓄える細胞。

 

褐色は脂肪を燃焼させる細胞。

 

 

当然ですが、褐色細胞が多いと痩せやすいのは

 

言うまでもありません。なぜなら褐色細胞が増えると

 

基礎代謝が半端ないからです。

 

そして基礎代謝が高いと

 

食べても太りにくく程度な運動で痩せやすい体質

 

になりやすいんですね。

 

 

ということは、私たちも褐色細胞を増やすように

 

対策すれば、ギャル曽根さんまでとはいかなくても

 

読者モデルさんくらいの痩せ体質になるくらいは

 

できるかもしれませんね。

 

 

では、何をすればいいかというと・・・?

 

刺激物を毎日摂ることで褐色細胞を増やすことが

 

期待できます。

 

何でも良いですが、女性に最適なのは生姜ですね。

 

生姜を食べると褐色細胞が増えると言います。

 

そして奇遇ですが、

 

もっとすっきり生酵素には普通の生姜よりも凄い

 

ブラックジンジャーが豊富に含まれているのです。